自毛植毛の不安解消.COM

  • TOP
  • 自毛植毛と治療方法 【AGAとは】

AGAとは

AGAの基礎知識

AGA(エージーエー、Androgenetic Alopecia)は、男性型脱毛症のことを指します。
パターン化した脱毛が特徴で、前頭部~頭頂部の髪の毛が細く短くなり(軟毛化)、最終的には生え際が後退し頭頂部の髪の毛がなくなってしまいます。
アニメのサザエさんに登場する波平さんが、進行例としてわかりやすいかもしれません。

ハミルトン ノーウッド
Hamilton-Norwood分類

思春期以降、10代でもみられますが、20代後半から30代にかけて目立つようになり、徐々に進行して40代以後に完成されます。
男性の約30%に認められ、20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40%と年齢とともに高くなり、男性の薄毛の原因の90%を占めると報告されています。
何もせずに放っておくと、薄毛は徐々に進行してしまいますので、早めのケアがすすめられます。
AGAの方は、全国で約1,260万人、そのうち気にかけている方は800万人、何らかのケアを行ったことのある方は650万人と報告されています。

AGAと男性ホルモン

髪の毛には寿命があります。太く長く成長して、抜けて、また新しく生えることを繰り返しています。
これをヘアサイクルと呼び、成長期、退行期、休止期があります。成長期が一番長く、通常2~6年間続きます。
しかし、AGAの場合には、成長期が数ヵ月~1年と短く、休止期にとどまる髪の毛が多くなり、毛根がミニチュア化してしまいます。

ヘアサイクル(MSD株式会社より

AGAの原因として、遺伝と男性ホルモンが関与していることはよく知られています。
男性ホルモンは、一般的に骨・筋肉の発達を促し、ひげや胸毛などの毛を濃くする方向に働きます。
しかし、前頭部~頭頂部の髪の毛は、男性ホルモンにより細く短くなり(軟毛化)、薄毛を引き起こします。

男性ホルモンの影響を受ける毛根(毛乳頭細胞)には、男性ホルモン受容体(レセプター)が存在します。
毛根へ運ばれたテストステロン(男性ホルモン)は還元酵素(5α(アルファ)-リダクターゼ)の働きによってジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、DHTは受容体に結合し、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまいます。

後頭部の毛根には、男性ホルモン受容体が存在しないため、男性ホルモンの影響を受けません。
つまり、後頭部と前頭部~頭頂部では、同じ髪の毛でも全く質が異なるものなのです。
自毛植毛の基礎知識」でも紹介していますが、自毛植毛はその理論に基づいた治療法ですので、移植した髪の毛は伸びますし、半永久的に生え替わり続けます。

AGAとセルフチェック

AGAの可能性があるかどうか、ご自身でチェックしてみましょう。
1つでも該当する項目があれば、要注意です。

AGAセルフチェック(MSD株式会社より

ご相談・カウンセリングはこちら

ご相談・カウンセリングはこちら